2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています。ポチっとお願いします<(_ _)>
ジャニーズブログランキング
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年10月11日(土)

銀幕版スシ王子!~ニューヨークへ行く~ メイキングネタバレ ***追記***

銀幕版スシ王子!特上&並ネタバレ
ニューヨークでの撮影は1週間だけで、作品の8割を日本で撮影したそうです!
3. 6月29日のおすすめ“顔”
港区某所 PM20:00撮影開始 曇りのち雨 降水確率50%
光ちゃんがお休みということで、ここからやっと雄ちゃんの登場で~す
ピンチヒッターの中丸の本日のおすすめ
【雄】「中丸です!えっとですね~スシ王子!の銀幕版、映画版ですね。今日クランクインしたわけですけども
河太郎役の雄ちゃんがクランクインした日は、リン役の伊原剛志さん、ナエ役の太田莉菜さん、ぺペロンチーノ役のジョン・カミナリさんの4人が合流。
監督を始め、キャスト、スタッフに挨拶をする雄ちゃん、ちょっと緊張気味です(笑)
【雄】「29日、僕ちょっと書いてみたんですけどね、こちらになっております
雄ちゃんスシ王子!のおしながきを開くのに、違うページを開いて失敗しちゃってます
めくるだけなのに、なかなかページが開かず苦戦中・・・
あれ?大丈夫!?初日なのでまだ慣れてないようです。
なんてテロップが入っちゃってて、何気に雄ちゃん美味しいです(笑)
【雄】「よっしゃーー!!どん!六月二十九日のおすすめ、顔。これはやっぱ顔が近いね、あのシーンが沢山あってですね。特にあの、外人さんがですね、あのぺぺロンチーノ。迫力が凄いんですよ!
映画の中で、河太郎が司に嫉妬し、親方に自分も修行を積ませて欲しいと頼んだけれど受け入れてもらえず、そんな時リンにそそのかされて、リンのアジトに招かれぺペロンチーノと顔を近づける時のシーンです。
監督はリンの部屋のインテリアまで凝っています。
こだわりの美術・装飾が詰ってて、例えば部屋に飾ってある物が、スシアートに関する物ばかり。
衣装もネクタイピンがいくらだったり、スーツの裏地がスシネタの柄だったりで、細部まで細かい作りになってたそうです。
そういうのは、映画を見ただけじゃわからないですよね(笑)
ホントに堤監督は凄いですね、遊び心も沢山あって、とても見ていて見応えがあって楽しかったです。
ただし、河太郎の絶命シーンが無ければもっと良かったのに
【スタッフ】「銀幕版が始まりましたね
【雄】「気合入ってますよ!
【スタッフ】「ここはニューヨークですか?
【雄】「ここですか?いや、違いますよ!ここは白金です(笑)
雄ちゃんがリンのアジトに連れて行かれて、ニューヨークの夜景を見ながらパフェを食べているシーンがあるんですけど、その景色が合成だったそうです。
ネタバレされなかったらわかんなかった。
この時の雄ちゃん、パフェをとっても美味しそうに食べてるんですよね。
高っ!!なんて言ってたけど、実際は白金の景色千葉の君津市の景色を見ながらセリフを言ってたんだ?(笑)
後、港区某所って書いてあったけど、雄ちゃんが白金って言っちゃったね
【雄】「さ、話のネタがなくなった(笑)っていうわけでね。2分経ったかな~?2分もってないな~。ま、というわけでですね、まぁ~こんな感じで僕は、あの~来月2日にですね、もうあの~ニューヨーク行きますので、あの、凄く今から楽しみです。光一君と出発する日も一緒なんでね、あの~ちょっと光一君とも、お近づきになれたら良いかなっと思ってます。じゃぁ、今日はこの辺で、ありがとうございましたところで雄ちゃん、光ちゃんとお近づきだけじゃなく、今年の夏は東にもお近づきになれて良かったね(笑)
4.7月2日のおすすめ “Im Japanese”
N.Y. PM11時撮影開始 〈ロケ地〉Tiangle Park Hamilton Park他
※こんな映像を流してくれて、メイキングも楽しめます♪♪
 
【光】「七月二日のロケが撮影が終わりました。えー、今日ニューヨークに入りまして、終ったわけですけども~、ニューヨークに来る時の飛行機の中でですね、えー、河太郎こと中丸君がですね、飛行機に座ったやいなや、ファッション誌はありますか?スチュワーデスに聞いて、ファッション誌を持って来てくれたところ、やっぱりいいです。すぐ言ってたのが、僕は面白くてしょうがなかったです。ま、そこに居るんですけどね、中丸君
【雄】「いや、違うんですよ?なかったんですよ、スーツしかなかったんですよあはは・・・、確かに普段スーツ着ないもんね(笑)
【光】「あはは・・・、あ、スーツ系しか無かったんだ?
【雄】「スーツ系しか無かったです
【光】「しょうがないよねー、そりゃぁね
【雄】「しょうがないっすよね
【光】「しょうがない、しょうがない(笑)
※ここでは雄ちゃん声のみで、姿は全然写ってません・・・
そしてちょうど光ちゃんが話してる最中に、画面にモーターホームを中丸君がレポートしてくれました。
その映像は好評発売中の「すしなび」をご覧下さいというテロップが入りました。うーん、あの手この手でちょっとでも売り上げを伸ばすために必死です
8.7月5日のおすすめ “河太郎帰る”
N.Y. AM08時15分撮影開始 〈ロケ地〉Queens Five Point 他
【光】「七月五日のおすすめ、特に何もなかったんで、河太郎帰る。えー、彼は今、飛行機の中でしょう!えー、昼の便で帰ったので、現在今何時ですか?今10時?
※雄ちゃんが飛行機で帰っている映像?が画面に流れてます(笑) 
 
【スタッフ】「今11時半
【光】「え、もう11時半?えー!えーっということは、太平洋の。えー、後、日本もうちょっとってところじゃないでしょうかね?えー、やつはですね、アメリカに来て、全く良いことないまま帰った(笑)えー、そうですね、時差ボケになり、そして、えー、こっちの現地の妙なスシ屋に連れて行かれ(笑)食わされ
ニューヨークに来て時差ボケで苦しんでいた中丸君。
※詳しくは好評発売中の「すしなび」をご覧下さいというテロップが再び入りましたこれはサブリミナル効果もうナリフリ構っちゃ入られません買ってない方で、興味のある方はどうぞ(笑)
※ここから雄ちゃんの現地のスシレポの映像に切り替わります(笑)
雄ちゃん、茶色の薄い?何でこんなヘンな色で、スシ王子!ってロゴが入ったスタッフジャージ?を着せられてるんだろう?
【雄】「あの~、ちょっとですね。私あの~ニューヨークスシ王子!銀幕版。開き時間がちょっと出来ましたので、考えたんですけども、実際に映画の中に出て来る。あのスシヘンなスシはあるのかどうか?こちらのお店。ちょっと、勝手に~調べようかと思ってます。果たして不思議なおスシはあるのでしょうか?スタッフさ~ん、雄ちゃんが美味しくなさそうなスシの試食をして頑張ってレポしてるから、お願いします!もうちょっと映像のピント合わせて下さい
1品目マンゴーロール
【雄】「マンゴーロール。これ完全にマンゴーロールですね
雄ちゃんは撮影の合間に、ニューヨークのおスシを食べに行ったそうです。
なんかこれは、雄ちゃんが自発的に行ったような感じじゃないよね?
【雄】「うっそ~・・・一口食べるなり、相当仰け反ってます。嫌々と首を横に振りながら、一言。
【雄】「最高にマズイ雄ちゃん口の中にマンゴーロール入ってるけど、それを後で出すのかな?
2品目スイートポテトロール
【雄】「ちょ、中身はスイートポテトなんですけどさっきのこともあって、しばらく警戒しながら噛んでいて、次の瞬間フッと笑い首を横に振ってました。
【雄】「えー・・・
全部で計5種類のスシを食べたけど、どうやら全て口に合わなかったらしい。
【スタッフ】「美味しいですか?そう聞かれて、スシをじっと見つめ、無言で首を横に振っています。
実はこの企画には、中丸君には決して言えない本当の意図があった!!
何でも堤監督の話によると、俳優を含め現地調査した所。これはスシ屋なのかいっていう店も結構ありまして・・・つまり雄ちゃんは映画作りの一環として、調査をさせられていたんですね?
監督、笑いながら話てんじゃねーぞー!ゴゥラーー!
すみません・・・思わず興奮してしまいました。
良い作品を作るためには調査も必要ですが、監督は毒見しなかったのかな~?
とにかく細部までこだわりリアルに表現したいために、実際に雄ちゃんに試食させたんですね。
う~ん、これも仕事ということでお疲れ様でしたーー!見てて思ったけど、かなりマズそうだね(笑)
【光】「そして時差ボケのまま、やつは日本へ帰って行きました(笑)まぁ~、あの~、そうね。あの、今日の朝、昼の便で帰って、もうすぐ着いて時差ボケのまま帰ったんで、多分日本でそのまま時差ボケにならず順応することでしょう!私は明日まで、えーここニューヨークで撮影がありまーす。えー、今日気付けば11時半、帰って早く寝ましょう。はい、お疲れ様でした時差ボケにはなるわ、マズイヘンなスシは毒見させられるわ、雄ちゃんホントお疲れ様でした
11. 7月12日のおすすめ“ダンス”
港区西麻布 AM08:00現地入り 曇り-時雨 降水確率50%
光ちゃんの出番が早く終って帰ってしまったため、再び登場。
ピンチヒッターの中丸の本日のおすすめ
【雄】「ハ~イ!中丸です♪さ~て、今日のおしながきは、こちら、どん!七月十二日はダンス。今日はダンスするシーンがあったんですね~、はい。あの~他の音楽関係の仕事では踊るんですけども、まさか、スシ王子!で踊るとは思っていなかったので、今日ホントに楽しかったですおしながきを置いてカメラに向かって。
【雄】「ハ~イ!短い?短い?コメントが2分もたなくて、スタッフにダメですかって確認してます(笑)
しかし、このシーンではナエと、楽しそうにダンスしてた雄ちゃん
13. 7月19日のおすすめ “血”
日活撮影所11st AM07:30現地入り 曇りのち雨 降水確率20%
この日光ちゃんの出番がなくて、再々び。
ピンチヒッターの中丸の本日のおすすめ
【雄】「おい~す!太郎だよ♪じゃぁ、今日のおすすめ行ってみよう!今日のおすすめはこちら、どん!十九日は血ですね。因みにあの、今日のシーンは、血が使われた。ま、実際まだ残ってるんですけど、額にですね、ま~、これ何だろう?打撲でしょうね~。ま、親方にちょっとカツを入れられまして・・・やー、それにしてもですね、ま、裏話ですけど、走るシーンがあったんですね。それであの~、ま、映像では全くわからないんですけど、ホントに何十人者スタッフさんがですね、カメラの後ろをですね、え、走ってたんでね。僕から見ると、ホント大変だな~っていう、ホントにみなさんで作ってる作品なんだな~っていうのを、今日は実感しましたね。そして光一君が居なかったのがちょっと心細かったです。以上、十九日のおすすめでしたーー!
ホントにワンシーン、ワンシーンを撮るのに時間を掛けて作って行くんだね。
こういうのは経験した人にしかわからないけど、映画を経験したことによって、雄ちゃんは沢山得たものがあったんだね。それをこうしてメイキングを見て、雄ちゃんの経験したほんの少しでも知ることが出来てよかったです(笑)
14. 7月22日のおすすめ “アニキ”
日活撮影所11st AM09:00撮影開始 曇りのち雨 降水確率20%
この日光ちゃんの出番がなくて、再々々び。
ピンチヒッターの中丸の本日のおすすめ
【雄】「やぁ!太郎だよ♪っていうわけですね~、今日は日活スタジオ、3日目なんですけどもね。(ここで画面に向かってペコリ)えっと、今日のおすすめなんですけども、(またまたペコリ)お疲れ様で~す。今日の(堤監督、雄ちゃんがおしながき持って今日のおすすめをしゃべってるのに、何で前を横切るの?)あ、ごめんなさい。すみません。あ、何も言わないんすか?今日のおすすめはこちらです。アニキ。えっと~、今日の撮影はアニキがですね、僕にですね、アニキと呼ばさせて下さいと、そういう不思議なシーンだったんですよね「アニキ」じゃなくて、「兄さん」って言ってるけど・・・これって、ただ単に雄ちゃんの間違え?(笑)
【雄】「やー、それにしてもホントにあれですよね?最近はジメジメしてますよね?梅雨なんですね、今ね、時期的には・・・この後雄ちゃんは延々世間話してたようですが、早回しされちゃってました。というわけで、今日の二十二日のおすすめ、アニキでしたーー!また明日とうとう最後まで、アニキと兄さんの間違いに気付かない雄ちゃん。このメイキングを見て気付くのかな?(笑)
17. 7月29日のおすすめ “田植え”
千葉県君津市 AM07:30現場入り 曇り-時雨 降水確率70%
田んぼのシーンですが、あの田んぼは人工的に作られた田んぼだそうです。
【雄】「まるで千葉じゃないか雄ちゃん、自分のセリフ確認をするかのようにつぶやいてます。
【雄】「最初来た時に、俺、あの~現地の人だと思ったんすよ?えっへへ。よっく見たら、あれ?って(笑)あれ?スタッフのみなさん?そうそうそう(笑)田んぼのシーンのために、スタッフ一同が作り上げた田んぼ、こんな風にして作ったなんて言われなければわからないですよね。
19. 8月9日のおすすめ “河太郎”
千葉県君津市 AM11:00現場入り 晴れ 降水確率10%
【光】「八月九日のおすすめ、え~、私の雨、風も大変でしたけど、それではなく、おすすめは河太郎。これに尽きると思います。河太郎君の最後のシーンですね。えー、このシリーズはドラマから始まりまして、そしてこうやって映画も続いているわけですけども、それから考えても、最初から最後まで長回しだったなと
ここからいよいよ、雄ちゃんの演じる河太郎の出番です。
河太郎の最後の見せ場である田んぼのシーン
【雄】「あそこはもう、台本もらってからずっと、あの~何だ。悩みじゃないですけど、1番気にしてたシーンなので、まぁ、ある意味苦しんだというか…
撮影当日、雄ちゃんの顔に緊張の色が見え、不安な気持が伝わって来ました。
そして目の下にクマがあり、昨晩寝られなかったのかな?顔が強張ってます。
TAKE 1 
まず最初のシーンでカットが掛り、監督が、凄くいいよ、 ゆっくりで良いからな。もっと全身力入れて、ちゃんと泣いて良いからと演技指導をしていました。それを少し泣きながら聞いていた雄ちゃん。
TAKE 2
90点、次100点行こう!雄ちゃんにそう言うと、監督は手応えを感じてもう一本を要求しました。
かなり力が入っていたのですが、更にそれ以上を雄ちゃんに求めているのを見て、厳しいなって思いました。
しかし、演技経験など関係なく、その要求に応えるのを見て、やっぱりこの世界でずっとやって来た人なんだね。
カットが掛った後、雄ちゃん自身は放心状態のようでした。
そんな時、光ちゃんからもアドバイスをもらい、三度目の挑戦です。
雄ちゃんは感情が高ぶって居て泣いていて・・・とても演技には見えません。
・・・あー、何度も同じこと言うのですが、迫真の演技を見るとかなり精神的に参ります。
TAKE 3
最後司に向かって・・アニキ、もう全然痛くねぇよ・・もうレポしながら涙が止まりません。
カットが掛っても、雄ちゃんは全身の力が抜けたようでした。
堤監督は素晴らしいと言い褒めて下さって、監督の要求通りに応え、その姿は立派な俳優中丸雄一でした。
胸を貸した大先輩の光ちゃんは、雄ちゃんが無事に山場を乗り切ったのを見て、笑顔で喜んでくれていました。
とにかくこのシーンは、必見です!いえ、スシ王子!を是非見て下さい!!
【雄】「山場終ったー・・・山場、山場最後が1番良かった。見せ場でしょう!見せ場、ここさえ良ければもういいだろうっていう
堤監督から、おお、良かったよって声を掛けられ、ありがとうございまーっすって返事をしていました。
【スタッフ】「気持良くすっきりして来て下さい
【雄】「はい、ちょっと1回すっきりします。ありがとうございます」雄ちゃんのウエストには、血のりを仕込んだ物が巻いてありました。
堤監督がこうして迫真の演技を引き出してくれたことで、あれだけの素晴らしい演技に繋がったと思います。
と同時に私にはかなりリアル過ぎて、例え演技でもつらくて本当に気持的に結構来ました。
次にドラマの話が来た時は、もう死なない役が良いです
そして光ちゃんが帰った後、雄ちゃんのラストカットの撮影が始まりました。
【雄】「あ~、早かったっすね~、なんか寂しいですね
河太郎はドラマからずっと付き合って来た役だもんね、色んなことがあっただろうし、思い出もあるでしょう。
それが今日で終ると思えば感慨深いよね。
最後の合成シーンで、リンのアジトでパフェを食べながら、ニューヨークの夜景を見るシーンです。
あのシーンは、絶命シーンを撮り終えてからの撮影だったんだね。
気持を切り替え、最後のシーンに取り組んだ雄ちゃん。
カットの声が掛り、中丸雄一さんオールアップでーす!!
中丸雄一 銀幕版スシ王子!オールアップ
スタッフ一同から拍手を受け、堤監督から花束贈呈され、ガッチリ握手です(笑)
【雄】「ありがとうございました。ま~、あの~、ドラマと映画と、あの凄いお世話になったことが沢山ありまして、本当に感謝してます。あの~ホントに、また~、あの~、会う機会があれば、ホントに優しくして下さい。ホントにでも、5ヶ月間くらい、あっという間で、自分の人生の中のホントに貴重な財産になったと思ってますので、あの~、今後、後1週間くらいですか、みなさんにとって、あの~、ケガのないように頑張って下さい。ありがとうございましたー
河太郎をやりきった雄ちゃんの姿が、一回りも二回り大きく成長したんだなって思いました。
やっぱり雄ちゃんのシーンは号泣です。

それから銀幕版スシ王子!の並の特典映像ですが、雄ちゃんファンには特別何もないですね
敢えて言うなら特報と、予告1、2で雄ちゃんが映っているぐらいです。

なんかホントにすみません
あれだけ引っ張っておいて、このくらいのレポや感想になってごめんなさい。
最後までお付き合い下さってありがとうございます。

なっち
ランキングに参加しています。ポチっとお願いします<(_ _)>
ジャニーズブログランキング
20:59  |  中丸雄一  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kattunyucchi.blog33.fc2.com/tb.php/599-93e7fcfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。